バラエティの司会でおなじみのアナウンサーの人が品を読んでいると、本職なのは分かっていてもベストケンコーを感じる […]