作品そのものにどれだけ感動しても、品のことは知りたくないし一定距離を保ちたいというのがありの持論とも言えます。 […]